TOPページ  会社概要 > 安全と品質 





より高いレベルでの「空の安全・安心」を目指して、安全で高品質なグランドハンドリングサービスの提供に取り組んでまいります。作業は、まず指差呼称といった基本動作を確実に実施し、航空会社から指定された手順や社内の決められた手順を遵守し、作業品質の向上に全社員一丸となり取組んでいます。
また、職場での業務改善やパトロールを積極的に行うことで、ミス・事故のない職場環境を維持することで、安全と安心を提供し、顧客航空会社から愛される企業を目指しています。
JASCOにとって、社員は「人財」です。一人ひとりの社員が自らの能力を最大限に発揮することこそ企業の発展につながると考え、きめ細かな教育研修プログラムを用意しています。
     
  ●【新入社員研修】  
 
社会人としての常識、知識を付与し認識させると共に会社の概要や航空業界の基礎知識を理解させ、速やかに順応できる人材を養成します。

●【階層別教育研修】  
指導育成に必要なコーチングコミュニケーションスキルを習得し、研修運営を目指します。

 
●【海外研修】  
  海外の空港施設や顧客航空会社のオペレーションを視察・トレーニングすることによって、見聞を広げ、自らの日常業務を見直す視点を養い、今後の業務推進のための糧となることを目指します。

 
●【作業教育】  
<導入教育>
地上支援作業に従事するために必要な業務の目的および基礎知識を修得するために行う教育。


 
  <基本作業教育>
地上支援作業に従事するために必要な基本知識、技能を修得するために行う教育。


 
  <復帰教育>
資格の再取得後に行う教育。


 
  <新機種・新器材教育>
新機種、新器材導入時に基幹要員として必要な知識、技能を修得するために行う教育。


 
  <危険物取扱教育>
手荷物、航空貨物に含まれる危険物の適切な安全輸送に万全を期すため、航空運送事業者などの行う危険物輸送に従事するものに対する教育。


 
  <その他の教育>
体が不自由な方へのサービス方法やヒューマンファクターなどを学び、業務ミスを防止するための教育。
 
 
働く人の健康を守るための原則は、衛生管理体制を活用して、「作業環境管理」「作業管理」「健康管理」の3方向から対策を実施することです。
JASCOでは、社員の「安全と健康を守ることはすべてに優先する」ことを基本に、高いレベルの衛生管理体制の維持・向上に努めています。